CRESTリテールテックソリューション

XovisとSDサイネージで店内の混雑状況を知らせる

新型コロナウィルスの猛威は日本だけではなく、全世界の小売店に深刻なダメージを与えました。我々クレストは、Xovis社、Locarise社と共に、新型コロナウィルスのまん延を防ぐ為に効果があると言われている「ソーシャルディスタンスの保持」に対して、来店者に対して注意を促す「SDサイネージ with Xovis」を開発し、この度、ホームセンター大手である「カインズ 浦和美園店」に試験導入しました。

SDサイネージ with Xovis

カインズ 浦和美園店

店舗1階にある入口の数カ所に、来店人数と退店人数を99%の精度で検知する「Xovis」を設置し、店内に滞在する総客数を把握します。把握した総客数を元に、あらかじめ決められたしきい値を元に、店内の混雑状況を緑、黄色、赤の三段階で、店頭にあるサイネージに表示します。

この取組は、テレビ東京系列の報道番組「ワールドビジネスサテライト」において、先進的な取り組みとして取り上げられました。

なお、本取り組みは3ヶ月限定の取り組みとなります。

Xovis

SDサイネージ with Xovis

お問い合わせはこちら。