CRESTリテールテック事業部

マルチセンサ機能

複数のXovisセンサーをネットワークでつなぐことで、単一のセンサーのように挙動し、より広い範囲をカバーできます。

チャレンジ

複数台のセンサーを店舗内に導入することで、より広い範囲をカバーする事は可能でしたが、それぞれのセンサーが独立し、別々のセンサーとしてデータ分析をしてしまう事で、そのデータは確実性を一気に下げてしまいます。

  • 複数のセンサーの数値が連動しない事で、同一人物かどうかが判別出来ず、正確な導線分析は出来ませんでした。
  • 同一人物の店内における行動分析があくまで仮定となる為、人物ごとの滞在時間等、個別識別された単位における分析が限られていました。

Xovisのオールインワンソリューション

Xovisなら、複数台設置したセンサーをリンクさせ、1台の大きなセンサーとして稼働させる事が可能です。

  • センサー検知エリアがある程度重なっている場合、キャリブレーションを行う事で1台のセンサーとして稼働出来ます。
  • 別々のセンサーであることを意識せず、識別ラインやエリアを設定出来ます。
  • 1つの大きな検知エリアとなる為、正確な店内滞在時間や、導線分析を行えます。
  • 店舗の広さが広がらない限り、センサーの設置し直しは不要です。レイアウトの変更があった場合は、管理画面から検知エリア・ラインを設定し直すだけです。