CRESTリテールテックソリューション

交通量計測

店舗前の交通量や入店数を、出来るだけ安価に、24時間計測することができます。

今までは…

店舗前の交通量の計測や、入店数を計測するには、ハンドカウントによる実数計測を行ったり、赤外線センサー等の前時代的なテクノロジーに頼るしかありませんでした。Raspberry Piという小型コンピュータと、Webカメラを接続しただけの最小構成で、画像解析技術を使った交通量計測を、すぐに始めることが出来ます。

  • ハンドカウントによる計測は、長時間行うと高価になります。また、深夜・早朝などの計測はさらに割高になり、24時間の計測は現実的ではありません。
  • 赤外線等のレガシーなテクノロジーは、重なり合った人物の計測が困難です。
  • 高精度なカメラセンサーはまだ「気軽に導入」出来る金額ではありません。

esasyの特徴

esasyはカメラに写った人物をカウントします。設置が簡単に出来、月額10,000円から始められる手軽さも、esasyの大きな特徴です。

  • Raspberry Piに接続されたUSBカメラから取得した映像を、Raspberry Pi内部で解析を行ない、即時データへ変換します。
  • すべてエッジコンピューティングにて計算され、サーバやクラウドなど、外部の処理は不要です。
  • データはCREST Dashboardでリアルタイムに確認が出来ます。
  • 既存のBIツールやDWHへの定期的な格納にも対応。