CRESTリテールテック事業部

XOVIS

70を超える国際空港とさまざまな業界の多数のシステムインテグレーターがXovis 3Dセンサーとソフトウェアモジュールを採用しています。歩行者のカウント、店舗内の導線分析、導線監視等、Xovisのソリューションは、施設、合理化されたプロセス、顧客満足度の向上を通じて人の移動をスムーズにする方法を提供します。

なぜXOVISなのか?

世界各国での導入実績

コペンハーゲン空港、ウィーン国際空港、ドバイ国際空港、そして関西国際空港等、世界のハブ空港と呼ばれる大きな空港を中心に、Xovisは導入され続けてきました。その多くは、待機列の監視やセキュリティ用途等、リアルタイムで人流を監視する事がメインでしたが、その性能は小売店においても発揮され、重要な指標である「入店数」だけでなく、棚ごとの立ち寄り数の計測や、レジ前の待機列状況の記録等、様々な経営指標の取得に役立っています。

世界一厳しいGDPRに対応

Xovisはスイスに本拠地を置いています。スイスはヨーロッパに位置し、そのヨーロッパは世界で最も個人情報に対して厳しい地域です。GDPR(General Data Protection Regulation:一般データ保護規則)に基づいた個人データ保護に関するチェックを受けているXovisは、ヨーロッパだけでなく、北米やアジア各国でも信頼のおける機器として認められ、導入されています。

まだまだ成長を続けるXovis

現時点でも様々な機能を持つXovisですが、今後も様々な機能が増えていきます、2020年中に予定されている「View Direction」機能(顧客がどの方向を向いているかを判別)を始め、年齢識別機能やリピート率計測機能など、Xovisの技術の進歩は止まりません。また、それらを新たな機器をインストールすることなく、プラグインの導入によって実現することが出来ます。将来性でもXovisは優位です。

Xovisの機能紹介

  • Congestion Widget(混雑状況ウィジェット)

    店舗のリアルタイムな混雑状況を貴店のWebサイトやアプリに掲示出来ます。

    機能を見る
  • SD(Social Distance)サイネージ

    店内の混雑状況をリアルタイムに店頭に設置したサイネージに表示し、ソーシャルディスタンスの確保を促します。

    機能を見る
  • マルチセンサ機能

    複数のXovisセンサーをネットワークでつなぐことで、より広い範囲をカバーできます。

    機能を見る
  • マルチエリア・ライン検知

    1台のセンサーでも、複数の検知ライン、検知エリアを設定することができ、コストを下げることが出来ます。

    機能を見る
  • グループカウント機能

    識別した人の行動を認識し、同一の行動をとっている人物を「グループ」として識別。購買単位の把握が行えます。

    機能を見る
  • スタッフ除外機能

    スタッフの胸元についているプレートを検出し、従業員を明確に識別してカウントから除外します。

    機能を見る
  • 性別取得機能

    Xovisは計測対象の人物が男性か女性かを認識し、基本的な「性別」というターゲットセグメントを把握します。

    機能を見る

導入実績と事例

リテールテックに関するBlog記事もあわせてご覧ください